何でも屋ってなあに?

演技力を生かした何でも屋の仕事

演技力を生かした何でも屋の仕事

その名の通り何でも引き受けてくれる何でも屋。
演技を伴う仕事もたくさんあります。
例えば、依頼人の恋人や、配偶者のふりをするという業務。
離れて暮らしている父親に、何らかの事情でその日だけ恋人、配偶者がいる事にしなければならないといった必要がある場合には、何でも屋が演じる事でその役割を果たしてくれます。
また、依頼人が狙っている男性を、現在の恋人と別れさせる等の業務の時は、偶然を装いターゲットの男性と出会い、少しずつ距離を縮めて行って最終的にその男性を落とすところまで、架空の女性を演じ続ける事になります。
別れさせ屋、等と呼ばれ特化したプロもいますがこれも何でも屋の演技の仕事です。
結婚式への代理出席も演技の業務です。
この場合演じる人は、親戚や職場の友人など、状況によって多岐にわたります。
どれも生身の人間と接する事になるので、プロの俳優に匹敵するような、本物としか思えないようなリアルな演技力が要求されます。

何でも屋の経営について

世の中にはあらゆる職業が存在しています。
どのような職業も無くてはならないものばかりですが、近年特に需要が高まっている職業として何でも屋があります。
何でも屋とは、名称通り依頼されたことは、どのようなことでも行うというお仕事です。
需要の高まりを受けて、経営を始める方が多く、安定した利益を出しています。
ただし、需要の高まりと安定した収入が得られるという点のみに惹かれて、何でも屋の経営を行うことが好ましいとは言い難いのが実情です。
その理由は、遂行する任務は多岐にわたるということが関与しています。
庭の雑草を抜くといった簡単なことであれば、負担を感じることはないものの、中には多額の費用を得たとしても納得できないような業務もあります。
しかし、何でも屋は辛い業務ばかりを行うわけではありません。
人間同士が関わるお仕事なので経営していると、思いがけない人間ドラマに立ち会うことができます。
そういったシチュエーションに立ち会えるのもメリットです。