何でも屋ってなあに?

女性スタッフのみの何でも屋の仕事とは?

女性スタッフのみの何でも屋の仕事とは?

女性スタッフのみの何でも屋があります。
女性ならではのきめ細かいサービスや、女性客でも安心して利用できるのが、いいところです。
 何でも屋のサービス内容も多岐にわたります。
家事代行や、ベビーシッター、引越しの荷造り、スチールモデル、観光の同行、結婚式の代理出席など色々なものがあります。
また、資格や経歴、スキルによって、それに見合った仕事内容もしてくれます。
例えば、保育士や介護福祉士、看護、エステティシャンなど、色々な資格や経歴を生かして仕事をすることができます。
何でも屋と聞くと、力仕事や裏方的な仕事のイメージを持つかもしれませんが、女性ならではの視点で、個別の要求に柔軟に対応してくれるサービスを提供してくれます。
 ただし、犯罪行為に関連する事柄や、道義上常識から外れると判断する内容、性的なサービスはしていません。
あと、男性の一人暮らしの自宅への仕事は、スタッフ2名からとなっている何でも屋もあります。

女性が運営する何でも屋とは?

便利屋とも何でも屋とも職種は同じですが、数年前から需要が増えています。
その原因の一つとして、それまでの業者のイメージが変わってきたことにあります。
それは何でも頼めるという言葉と便利という言葉のちょっとした違いなのですが、便利屋と言うと数十年前から色々なメディアで取り上げられた、屈強な男性が力仕事をメインに行う仕事とするイメージが強く、それ以外の仕事の需要がクローズアップされてこなかったことで、依頼する方も二の足を踏んでいる状態でした。
しかし、何でも屋というそれも女性が運営している会社が現れたことにより、依頼する方のイメージが勝手にどんどん広がり、それに合わせるように作業内容も、家事や買い物に料理といった男性には不得意なと言うか、気が付かない細かいことを取り入れたことで 依頼主も女性が多く増えるようになりました。
今までは、これは無理だろうとか出来ないだろうと、依頼主側で制限してきたものが取れたことで、運営する側も依頼主の目線に立った不安を削除し、安心安全でどこまでも目が行き届く仕事が口コミで広まり、近年に無い需要が見込まれるようになりました。