何でも屋ってなあに?

何でも屋さんの業務とは

何でも屋さんの業務とは

何でも屋さんというと、ゴミの回収や掃除、解体などのイメージが強いのではないでしょうか。
確かに、それも間違いではないのですが業務には法に触れること以外において基本的にタブーがなかったりします。
ただし、業者によっては名目上は何でも屋としながら、実際の業務に関しては問い合わせの段階で的を絞りますし、最近ではそういった業者がほとんどです。
引越しシーズンでは粗大ゴミの回収に力を入れたりしているのを知っている人も多いかと思います。
ここで知っておいて頂きたいのは、家具処分についてです。
公共の清掃業者は基本的に家の前のスペースか指定場所でしか回収しません。
個別に頼んでも同じです。
もし、とても普通は運べないようなものを複数処分したいときは、清掃業者よりも何でも屋の方が家から運び出してくれるので助かります。
それから、掃除機の調子が悪ければ直したり、破れた障子を張り替えたりとできることに幅があるので本当に便利です。
便利屋さんとも呼ばれますが、あれもこれもという状況のときに非常に頼りになる存在です。

女性の何でも屋にお願いする

日頃くらしていて、業者を呼ぶほどではないけれど、だれかに手伝ってほしいと思うこと多々あります。
たとえば、力仕事を自分だけではできないので、やってくれる人がほしいとか、クリーニングを出してほしい、買い物にいってほしい、部屋の片づけをしてほしいなど、いろいろです。
そういうちょっとしたことを頼める人を何でも屋といいます。
文字通り、なんでも気軽に頼める人のことをいいます。
ただ、依頼者が女性の場合、男性の何でも屋さんには見られるのが恥ずかしいというときもあります。
そんなときは女性の何でも屋にお願いするほうがいいでしょう。
昔は何でも屋というとスタッフも男性が多かったのですが、いまは、依頼が多いということで女性のスタッフも増えているのです。
その場合、ネットなどを利用して女性スタッフのいる業者を探してみるのもいいでしょう。
困っていることがあったらとりあえず連絡をして依頼できるか確認してみるといいでしょう。